Come and get it! ってゲットワット?

“Time for dinner, come and get it!

ご飯ですよ、食事の用意ができたわよ

「食事の用意ができたわよ」とか「ご飯ですよ」を英語で何と言うのかと聞かれて、まず、頭に思い浮かぶ英語の表現が、“Lunch is ready.” とか “Dinner is ready.” だという人も多いのではないでしょうか。

これらの表現は正しいですし、実際にも用いられていますが、ネイティヴの家庭では、“Come and get it!”という表現がよく用いられています。

Come and get it!”を直訳すると、「来てそれを取りなさい」⇒「来て食べなさい」という意味になりますが、そこから、「食事の用意ができたわよ」「ご飯ですよ」という意味です。

これと同様に、“Soup’s on!”も「ご飯よ」「食事の用意ができたわよ」という意味になります。
食事にスープが出ていない場合でも用いることもできます。

Soup’s on!”を直訳すると、「スープがテーブルの上にのっている」「スープができている」という意味になり、そこから、「食事の用意ができている」という意味合いになり、「ご飯ですよ」「食事の用意ができたわよ」ということです。

ただ、これらの表現は、家族や親しい間柄の人との会話で用いられる表現なので、そうでない場面では、“Dinner is ready.”などの表現を用いた方がよいです。

Come and get it.
「ご飯ですよ」
“Oh, good! I’m so hungry!”
「ああ、よかった!腹ペコだよ」

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!