Cut to the chase.っていつ使う?

“Stop babbling, cut to the chase!”

さっさと本題に入れ・さっさと要点を言え

cut to the chase”には、「要点の議論に入る」「本題に入る」などという意味です。

ですから、“Cut to the chase.”と命令形になると、「さっさと本題に入れ」「さっさと要点を言え」などという意味になります。

この“cut to the chase”という表現が、「本題に入る」「要点の議論に入る」という意味になったのは、映画用語に由来していると言います。

日本語で「カー・チェイス」と言うことからも分かるように、この“chase”には、「追跡」という意味があり、映画では「追跡場面」という意味があります。

そして、映画では、”car chase“「カー・チェイス」などの追跡場面は、最大の見せ場であるわけですが、そこに至るまでには、ロマンティックな話が延々と続いたりして、なかなかそのクライマックス・シーンに到達しないことが多いみたい。

そこで、「長々とした前置きはカットして、早く見せ場の追跡場面に切り替えろ」という指示が出すときに、“cut to the chase”という表現を用いるわけですが、この“cut to ~”には、
テレビ・映画で「(別のシーン)に切り替わる」という意味があるので、“cut to the chase”=「追跡場面に切り替える」という意味になるわけです。

こういったところから、“cut to the chase”という表現が、「追跡場面に切り替える」=「本題に入る」という意味合いで用いられるようになったようですね。

同じような意味で用いられる表現としては、以前に学習した“Get to the point.”「要点を言ってよ」という表現です。

また、命令形ではなくて、「本題に入りましょう」と提案する場合には、“Let’s cut to the chase.”と言うこともできます。

“Well, let’s stop the small talk and cut to the chase.
「それでは、世間話はそれぐらいにして、本題に入りましょう」

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!