I’m home.って使うの?

“Dad, I’m home

ただいま

「“ただいま”って英語で何て言うの?」と聞かれたら、「それは、“I’m home.”だよ」と答えるかもしれませんが、実は、「ただいま」=“I’m home.”というのは、正確じゃないですが、近い意味になります。

I’m home.”が用いられる場面としては、家に帰ってきて、玄関に入ったけれども、そこに誰もいない場合に、家の奥にいる人に向かって、「おーい、帰ったぞ」と言う場合に、大きな声で“Hello, I’m home.”と言ったりします。

家に帰ってきたときに、玄関などで出迎えてくれた人に面と向かって、“I’m home.”と言うことはあまりない。この場合は、“Hi.”とか“Hello.”とか言うのが一般的です。
例えば、“Hi, Dad.” 「お父さん、ただいま」と言ったりする。

「おかえりなさい」という日本語も、あえて英語に訳すと、“Welcome back.”とか“Welcome home.”になりますが、これも、厳密に言うと、正しくないです。

これらの表現は、長い間不在にしていた人が帰ってきた場合に用いられるもので、毎日、家に帰ってくる人に向かって、“Welcome home.”と言うのは、ちょっと変なわけですね。この場合も、やはり“Hi.”とか“Hello.”を言います。

このように、日本語の「ただいま」と「おかえり」にぴったりと当てはまる英語の表現というのはないんですけれども、家に帰ってきた場面の会話を見てみると、だいたい次のような感じです。

Hi, Dad.
「お父さん、ただいま」
Hi honey. How was your day?
「おかえり。今日はどうだった?」

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!