Couldn’t be better.っていつ使う?

“It couldn’t be better than this!”

最高だよ・絶好調だよ

couldn’t + 比較級”は、「これ以上~にはなり得ないだろうに」という意味になるので、“Couldn’t be better.”で、「これ以上、良くはなり得ないだろうに」ということから、「絶好調だよ」とか「最高だよ」または「言うことなしだよ」という意味です。

この“Couldn’t be better.”という表現は、“It couldn’t be better.”の“It”や“Things couldn’t be better.”の“Things”などが省略された形になります。
会話などでは、このようによく省略された形です。

これに対して、“could + 比較級”は、「これ以上~になり得るだろうに」という意味になるので、“It could be better.”で、「これ以上、良くなり得るだろうに」ということから、「あんまりよくないね」「もっとよくなってもいいものだけど」「最高だとは言えないね」などという意味です。

また、“Couldn’t be better.”とは逆に、「最悪だよ」「最低だよ」と言う場合には、「これ以上、悪くなり得ないだろうに」ということから、“Couldn’t be worse.”と言うことがもできます。

“How’s it going?”
「調子はどうだい?」
Couldn’t be better.
「最高だよ」

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!