I’ll take you up on that.ってまた今後と同じ?

“Oh, thank you. I’ll take you up on that.

お言葉に甘えます

日本語の「お言葉に甘えます」という表現を英語で言うとすると、「言葉に甘える」という表現は、日本語独特の表現ですが、この日本語の意味をそのまま英語に訳すというのは無理があるんですが、あえて英語に訳すと、“I’ll accept your kind offer.”という表現があります。

厳密に言えば、“I’ll accept your kind offer.”=「お言葉に甘えます」ということにはならないでしょうが、そんなことを言い出したら、今まで学習してきたことも全てそうなってしまいますから・・・“I’ll accept your kind offer. I really appreciate your kindness.”は「あなたの親切な申し出をお受けします(お言葉に甘えます)。ご親切にどうもありがとうございます」
という感じで、もう少し感謝の気持ちを付け足すと、「お言葉に甘えます」という意味合いにもっと近くなります。

「(人)の申し出などを受け入れる」という意味で、“take somebody up on something”という表現も使えますので“I’ll take you up on that.”で、「あなたの申し出をお受けします」という意味になるので、先ほどの“I’ll accept your kind offer.”と同じように、「お言葉に甘えます」という日本語に訳されることです。

that”は、“that offer”「その申し出」を指していますが、“that”をもっと具体的に、“I’ll take you up on your kind offer.”と言います。

“This is my treat.”
「私のおごりね」
“Oh, thank you. I’ll take you up on that.
「わあ、ありがとう。じゃあ、お言葉に甘えて」

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!