Let’s split the bill.って振り分けるの意味?

“This time let’s split the bill.

割り勘にしよう

Let’s split the bill.”は、“bill”「勘定(書)、請求書」を“split”「分割する、分ける」ということで、「割り勘にしよう」という意味になりますが、以前は、“Let’s go Dutch.”という表現がよく用いられていましたが、最近では、この“Dutch”(オランダ人、オランダ人の)という表現は、オランダ人が「けち」だというネガティヴな意味合いで用いられているので、オランダ人を侮辱する表現だということで、あまり用いられなないです。

日本語で「割り勘」というと、「各人が均等に支払う」という意味になりますが、“go Dutch”は、「各自が自分の分の金額を支払う」という意味合いが強く、厳密に言うと、日本語の「割り勘」の意味では用いられていないという意見も使われています。

これに対して、“split the bill”は、「各人が均等に支払う」という意味と、「各自が自分の分の金額を支払う」という意味のどちらにも解釈することができる表現で、ネイティヴの間でも、意見が分かれているようですね。(私の知り合いのネイティヴに聞いたところ、「各人が均等に支払う」という意味だと言っていましたが・・・)

Let’s split the bill.
「割り勘にしよう」
“No, it’s on me this time.”
「いいえ、今回は私のおごりよ」

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!