Not by a long shot.ってどういう意味?

“No. Not by a long shot.

見込みはまったくないね、全然だめだね

by a long shot”という表現には、「はるかに」、「大いに」、「全く」または「全然」などという意味がありますが、これに否定の“not”を付け加えると、「全くそんなことはない」という意味になりますね。

昔の銃は、今の銃とは異なり、照準が合いにくかったため、遠い距離から狙って的に当てるということはめったにできなかったので、“Not by a long shot.”という表現は、19世紀の終わり頃までは、「起こりそうにない状況」や「見当違いの憶測」などを表す表現として用いられていて、現在では、「起こる可能性が全くないこと」を表す表現として用いられるようになり、「全然だめだね」、「見込みはまったくないね」または「全くそんなことはない」などという意味になります。

また、文中で、“not … by a long shot”という表現を用いることもできます。“He’s not a scholar by a long shot.”「彼は決して学のある人なんかではない。」です。

その場合には、「全然・・・でない」、「決して・・・でない」または「全く・・・でない」などという意味です。“not by a long chalk”という表現も同じような意味合いになります。

“Do you think our team will win the championship?”
「うちのチームが決勝戦で勝つと思う?」
“No. Not by a long shot.
「いや。見込みはまったくないね。」

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!